本文へ移動

OAスクリュー

紹介技術1 OAスクリュー ~溶融樹脂のムラでお悩みの方へ

開発目的

コンプレッションサブフライト型スクリューをベースとし、フルストロークにわたって溶融樹脂の均一化を目指したもの。
 

OAスクリューを使用する事のメリット

メリット1 フルストローク計量の成形が可能となり、1ランク上の機械購入が不要

メリット2 1ショット中の樹脂温度可塑化組成が均一となり安定成形が可能

メリット3 成形立上時の安定ショット数の低減によるロスの低下

メリット4 可塑化性能、混練性能に優れ、スクリュー回転数UPによるサイクル短縮が可能

 
 

1ショット内の樹脂温度分布比較

番号
測定内容
従来型スクリュ
OAスクリュ
設定温度
200℃
200℃
実際の樹脂温度
180℃~205℃
200℃~208℃
最大温度差
25℃
8℃
1ショットの樹脂温度差(10ショット目)
12℃
4℃
樹脂温度安定時間
12ショット
6ショット
射出後半の樹脂温度設定値との差
-18℃
+3℃

成形事例1 A4書類ケース成形比較 ※成形条件は同一

MD280W スクリュー径Φ52 計量値180mmS/D3.5) スクリュー回転数240min-1

1サイクル 25秒 材料PP 赤色着色剤(マスターバッチ)3% ノズル:標準オープンノズル

従来型スクリュー(左) →  不良品
 
 
OAスクリュー(右) →  良品
 

従来型シングルフライトスクリューの問題点

 未溶融・色むらが発生。特にゲート付近に集中。
 

従来型シングルフライトスクリュー成形する為の改善方法

 ①スクリュー回転数を240mm-1から100mm-1に低下させる。

     結果、1サイクル時間が40秒となった。15秒の延長。

 ②加熱筒温度設定を15℃上げる。

 

成形事例2 分散性比較 ※成形条件は同一

MD75X スクリュー径Φ25 計量値115mmS/D4.6) スクリュー回転数200min-1

 

材料PP 黒色着色剤(マスターバッチ)0.09% ノズル:標準オープンノズル

従来型スクリュー(上) → 色むらが多く混練性が不十分
OAスクリュー(下) →  色むらが少なく混練性が良い
 
株式会社ニイガタマシンテクノ
〒950-0821
新潟県新潟市東区岡山1300番地
TEL:025-274-5121
FAX:025-271-5827

----------------------------------------------------
工作機械
高速・高性能ULTYシリーズ
ハイブリッドガイドシステム機HN-Sシリーズ
重切削HNシリーズ
超重切削HN-Tiシリーズ
高剛性チルトテーブル5軸HN-5Xシリーズ
複合機能付きシリーズ
(ボアセンタ/フェーシングセンタ/
バーセンタ)
FMS、先進的多機能形セルコントローラ
(ICC)、遠隔診断機能
(スマートメンテナンス)
ロボットシステム
 
強力NCフライス盤
JKシリーズ(ターンテーブル式、
強力ヘッド型、門型)
SKシリーズ(側面専用)
RKシリーズ(両頭)

射出成形機
小型横型射出成形機MD-S7000シリーズ
小型横型射出成形機MD-XAシリーズ
中型横型射出成形機MD-W6000シリーズ
大型横型射出成形機MD-S6000シリーズ
大型(ワイド)横型射出成形機MD-WS6000シリーズ
竪型単動射出成形機MDV-Sシリーズ
ロータリーテーブル式竪型射出成形機
MDVR-S7000シリーズ
特殊射出成形機(BMC)MDT-PSⅣシリーズ
自動機システム
射出成形機遠隔監視システム「千里眼」
 
高せん断成形加工装置NHSSシリーズ
 
専用機、オーバーホール
賃加工 他
----------------------------------------------------
TOPへ戻る